糖尿病患者の足の治療情報サイト

デブリードメント

デブリードメントの必要性

糖尿病や循環器の疾患をお持ちの方は、下肢や足に潰瘍と呼ばれる創傷ができる可能性があり、この傷を治すのには長い時間がかかります。
ですから下肢や足にどんなに小さくとも傷や赤い斑点を見つけた時はすぐに医師の診察を受けることが大切です。
その内消えるだろうとほおって置くと手遅れになる可能性があります。
このような創傷の適切な治癒には特別な手当てが必要となり、そのひとつにデブリードメントがあります。

デブリーメントとは?

デブリードメントとは、壊死組織や感染した組織を取り除き、創を清浄化する、いわゆる「創傷の外科的掃除」のことです。
通常は、まず創傷がある部分に外用の麻酔薬をつけたあと、メスや専用器具で壊死組織や不良組織を丁寧に取り除きます。

デブリードメントの頻度は?

担当医がデブリードメントの頻度を決めますが、創傷が治癒し始めるまで週に1度の実施が必要なこともあります。

デブリードメントは痛い?

糖尿病をお持ちの方の場合、神経障害により、足の感覚が無いことがあります。 その場合は通常デブリードメント中の痛みは無いか、あるとしても少しのものです。
それ以外の方には施術前に通常外用麻酔薬を塗布します。
麻酔薬にアレルギーのある方もいらっしゃいますので、予め医師とご相談下さい。
外用麻酔薬を使用してもまだ痛みがある場合は、傷の部分に麻酔薬を注射します。
又、施術前に鎮痛剤の服用指示を出されることもあります。

デブリードメント後の傷はどんな様子?

デブリードメントの後は施術前より傷が大きくなったように見えます。
しかし、これはあくまで表面上の「氷山の一角」であり、創傷の全体像は表面で見えるものよりもっと大きなものなのです。
そして創傷の中の壊死・不良組織を全て除去するという作業は必要不可欠です。デブリードメント後に傷が大きく見えても、これは普通の事ですので心配しないで下さい。
この大きく見える傷がもともとのサイズだったのです。
それまでは壊死・不良組織に覆われていて見えなかっただけなのです。

デブリードメントはあなたの創傷を治癒させる為の非常に大切な治療です。
デブリードメントについて他に質問などがございましたら、どんなことでも結構ですので、担当医にご相談ください。

このサイトの情報は下記サイトを参考とさせて頂きました。

株式会社ミレニアメディカル

株式会社ミレニアメディカル

下肢切断と褥瘡を無くしたい「難治性を含む慢性創傷の80%以上を治癒させる」それが私たちの願いです。
ミレニアメディカルは治らない傷を治す、下肢切断を回避するという目的の為に、創傷ケアセンターという専門外来の立ち上げ支援、コンサルティングを行う会社です。

その他の図書館

足のケア図書館
足のケア図書館